疲れ切ったシングルマザーに対し、西原理恵子さんのナイスなアドバイス

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

先日、日本のテレビ番組の中の言葉に
とても感銘を受けたのでシェアしますね。

その言葉というが
マンガ家・西原理恵子さんからの
4歳と2歳の子を持つ疲れ切ったシングルマザーに対するアドバイス。

子育て中の主婦は24時間働いてそれが永遠に続く。
休みがなく誰からも褒められずギャラもなく有給休暇もない。

男性も自殺者がたくさんいるくらい大変なように
主婦たちも戦場にいる。

でも、子どもがいる以上は
歯を食いしばらなくてはいけない。
溺れていても這い上がらなくてはいけない。
これだけは自分でやらなくてはいけない。

子育てが大変なら
大嫌いな姑でも市役所でも持って行ってください。
子どもに関しては必ず助けてくれます。

生きていれば誰かに嫌われるものです。
母親やっていると周りからアレコレ言われがち。
それは仕方のないこと。

でも、
部屋が汚くても
店屋物でも
汚い服着せててもいいんです。

無理しないでください。
親子だから愛し合えるというのは妄想なんです。
泣く子も放っておいけば泣きつかれて寝る。
昼間は日に当てて疲れさせ、
自分の睡眠時間を確保してください。

母親業は戦場なようなものだけど暇よりも良い。
つらいことも悲しいこともたくさんある方が楽しい。

ホント、
世の中きれい事では生きていけないことも多いです。

そりゃあ、
お掃除された綺麗な部屋で
栄養バランス満点の食事を出すほうがいいに決まってますが、

それ以上に、
養育者が倒れないことの方が大切。
それは介護も同じでしょうけどね。

完璧な親なんてそうそういません。
私の知る限りはゼロです。
だから自分のできる限りをやれば良いんじゃないでしょうか。

でも絶対に、
子どもが居るのなら、
溺れていても這い上がらなくちゃダメ。
精神的に強くならなくちゃダメ。

100%は目指さず
図太く生きるママになりましょう。

何だかんだ大変でも、
子育ては自分を成長させてくれるし
幸せなことですからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする