外資系企業に就職・転職したい人が読むべき本

2012年に出版された『採用基準』

外資系企業マッキンゼーの元採用マネージャー
伊賀泰代さんが著者。

ネット上では人気ブロガーちきりんさんだと言われています。

本当のところは分かりませんが、
採用担当のお仕事が好きだったんだろうなーというのが
本書から伺える人柄でした。

思考意欲と思考体力

この本で興味深かかったのは、

マッキンゼーが実際に求めている人材と
世間が思う「マッキンゼーに入れる人材」とにズレがあること。

世間では
外資系コンサルタントファームが求める人材は
「地頭が良い人」「高学歴な人」「分析力がある人」だと思われています。

が、しかし!

伊賀さんによると、
マッキンゼーが求めている人材は
「思考意欲」と「思考体力」がある人。

マッキンゼーの就職・転職のための面接中には
ケース問題を解かせている面接があるようですが、

事前にケース面接を十分にやってくる人ではなく、
その場でじっくり考える人を採用しているようです。

それを読んで思ったのが、

就職・転職者向けの
内定を取得のテクニックって、
もしかしたら、採用担当者はウンザリの可能性も?!

マッキンゼーでは
そういったテクニックに依存する人ではなく、
実際に頭を使って考えられる人を採用しているようです。
短期間の練習でどうにかなるもんじゃないようです。

外資系企業への就職を目指す人が増えたため
書類選考では学歴でふるいにかけるようですが、

最後の最後まで残る人は、
日本人一般が想像している人材ではない……、
ところが興味深かったです。

マッキンゼーが求める人材とは?

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社が
求める人材と言えば、

・問題解決ができるリーダーシップを持つ人材

ただし、
日本で認識されているリーダーシップとは、
和を重んじて角を立てずに意見をまとめられる調整役、ですが、

マッキンゼーが求めるリーダーシップとは、

・成果を出すためのリーダーシップ

それ以外に、

・地頭がいいこと
・英語ができること
・日本語(現地語)ができること

だそうです。

日本人よ、英語を勉強しましょうよ!

日本支社では日本語が必須ですが、
日本語も英語もできる優秀な外国人などが
日本支社にドンドン採用されているそう。

国が費用を負担する外国人国費留学生って優秀な学生が多く、
日本に留学する場合、日本語も英語も堪能。

そして母国語もできるトリリンガル。

かなりの強敵ですね~。

自分のこと棚に上げてですが………
日本人の皆さん、使える英語をもっと勉強しましょう!

* * *

本書は、
自分自身のキャリア形成についても、
子どもの教育についても役立つヒントが多くありました。

良かったら一読ください。

採用基準

♪お知らせ♪

◆メールでの手相カウンセリングは随時ご利用いただけます。
◆対面手相カウンセリングは毎週土曜日バンコクで毎週お一人限定。

詳細
メール鑑定お申込み
バンコク対面手相鑑定お申込み

スポンサーリンク

シェアする