変化に対応する力

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

これからの時代は、「変化に対応する力のある人」が必要だという趣旨のことが言われてますよね。

技術の急激な進歩でビジネス環境が変わっている今、既存のやり方に固執すると、新時代に取り残されてしまう。。。という意識が強いからでしょう。

たしかに、10年、20年前なら優良企業として名の通ったシャープの現在を見ると変化に対応できない企業の行く末は言うに及ばず。(シャープ提供のラジオ番組、好きだったのに(T_T))

時代の変化には対応しなきゃね!って空気になるのは致し方ないことです。

・・・が。

前回からお伝えしているマッキンゼー元採用担当者・伊賀泰代さんの「採用基準」によると、本物のリーダーがなすべきことは「変化への対応」ではなく

「変化は自分が起こすもの」

なんだそうです。でも、いまの日本の大企業トップの多くは、時代の変化に対応するだけでアップアップなんじゃないでしょうか。な~んて書いている私も変化する世界の後尾にしがみつくのがやっと(;^_^A アセアセ・・・でも、変化を怖れてはいけないぞ!と自分に言い聞かせていはいます。

伊賀さんいわく、リーダーシップは日常生活のちょっとしたことから始めればいいとのこと。

ちょっと気がついたことを誰かがやってくれるはずと思うのではなく、自分でやろう!という気持ちが大切なようで、変化も特別なビッグイベントを待つのではなく、ちょっとした変化を重ねるうちに大きく変化できるのかもしれません。

手相的に言えば、旅行線は変化に強いですよ。それと離れ型知能線も既存概念以外の発想ができるので変化の激しい時代に向いてますよ!

~~~オススメ本~~~


採用基準

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする