【手相鑑定】仏眼相持ち@その2:第一印象と違う?!

バンコク手相鑑定12月スケジュール

バンコク手相鑑の日程です。

・12月21日(木)17:00~20:00

* * * * * * * *

【手相鑑定】仏眼相持ち@その1:会社が窮屈なのは甘え?
からの続きです。

ブログ公開OKの鑑定を5回に分けてお伝えする
第2回めです。

ご相談への回答1

ももさんの手相を一言で表せば
『独創的な手』です。

独創性を必要とする芸術方面に向いた知能線をお持ちです。

両手に出ている仏眼相も珍しいですが、
それ以上に、この知能線に出会うのは稀。
しかも両手とも芸術方面に向いてながら違う形も興味深いです。

お会いしたことないので予想ですが、
見た目は普通のお嬢さんでも、
発想は良くも悪くもかなり変わっている。
一般的ではないはずです。

悪いというのは、型にはまったことに向かない面。
良いというのは、人とは違った発想でイノベーションやクリエイティブに向いている面です。

人とは違った発想ができる分、生きづらさを感じるでしょうね。

でも時代の変わり目には、
新しい何かを創造できる人は能力を発揮することで
ご自分のポジションを確立できるはずです。

元々は公務員を志望

公務員もいろんな職種があり一概には言えませんが、
役所で事務というのは不向きです。
左手の知能線が安定志向なので公務員を目指されたのでしょうが、
専門性を活かし独自性が許されるお仕事以外は、組織では長続きしないでしょうね。

体調も悪くなってしまい・・・今はもう健康になりました

体力はそれほどなさそうです。
ガテンとかは無理なタイプですし、
通勤に体力奪われるのもツライはず。
無理はしなように。

また、アーティスト的な面もあるので
気苦労も人一倍だったのでしょうね。

今の健康を維持するよう、労ってあげてくださいね。

会社という枠に収まれない・・・時間通りに出社して、仕事をして、退社して・・・その普通 がとても窮屈・・・私の性質の問題なのでしょうか、それとも自分の甘えでしょうか?

先にお答えしている通り、
ももさんは独創的な人。

ご質問に沿ってお答えするなら、
会社に窮屈さを感じるのは甘えではなくももさんの性質です。

向かない場所で疲れるより、
ももさんにしかできない場に注力するべきですよ!

今更この歳になって・・・という思いながら、何かをやることに年齢は関係ないという思いの堂々巡り

キツイ話をさせてください。

年齢は関係ないとは言われつつも、
ハッキリ現実を申し上げれば、
早く始めるに超したことはありません。

例えば英語の学習も、
13歳が50の力で習得できるなら
20歳だと100、40歳だと200など、
余計に時間や集中力がかかってしまいます。
(数字は例えです。)

仕事として翻訳家など目指すなら、
中学レベルの英語も怪しい40歳にはオススメできません。
すでにある程度英語ができてブラッシュアップで目指すらOKですが。

とは言え、
年を取ったら語学はあきらめろと言ってるのではありません。
趣味として、日常会話程度の勉強は
80歳だろうが100歳だろうが興味次第で始めれば良いのです。

しかし、仕事として若い人と張り合うのは得策ではない、
ということです。

年を取ってから開花した人を見ても、
若い頃から何かしらチャレンジを続け、
その下積みが実を結んで花を咲かせたのです。

パソコン操作が得意なので、専門的なことか(illustrator・PhotoshopやCAD)
イラストを描くことが好きなのでそちらのスキルを磨くか・・

ももさんはまだまだお若いうちに入ります。

ただし、
まったく畑違いの世界に飛び込むのはオススメしません。

CADは用途によって使用する種類が違います。
まず目的ありきですが、ももさんの方向性とは違うと思います。
オススメしません。

IllustratorやPhotoshopは、
作品作りに必要ならば独学すれば良いと思います。
ただお値段が高いので本当に必要かどうか吟味が必要です。
フリーランスでお仕事を取れるなら、そちらで利用するのもアリ。
ももさんが作品創りで使うのであれば、検討する価値アリです。

ただし、
IllustratorやPhotoshopさえ勉強すれば、就職につながる!
というのは甘い考えです。
ももさんの性質を考えてもオススメしません。

自分には何が向いているのか、自分を見つめなおしたい

組織に就職し、言われたままの仕事をするのは向いていない
というのはハッキリしています。

ももさんはももさんにしか出せない色をお持ちです。
その色が、芸術方面という大まかなもは手相で分かるのですが、

詳しくは、ももさん自身がすでにご存知のものです。

これまで「自分には無理」だと思っていたのでしょうが、
今すぐ生活費を稼ぐ必要はないですし、
ご自分の内に秘めた色を出してみては?

芸術方面は能力があっても
タイミングとかチャンスが大きくモノを言うもの。

ゴッホのように死後、評価された人もいれば、
ピカソのように生前から人気を博し大金を手にした人も。
芸術での成功と経済での成功とは別物です。
ピカソは芸術と経済の両方の才能を持ってたのでしょう。

ももさんの場合、ピカソまでは行かなくても、
ご本人が満足できる成果が出る可能性はあります。
(何で満足するかは人それぞれで金銭と結びつくかは判りません)

ここ数年は割り切って短期で勤められる条件で働いてきました。

それで良いと思います。
IllustratorやPhotoshopを購入する資金が必要なら
アルバイトなどで貯めるとか、やりくりしましょう。

ただお勤めをメインにするのではなく、
あくまでもご自分の内にある独自性を出す活動のため
と考えるほうが良いと思います。

次回は特徴的な知能線です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする