知能線(頭脳線)が短いと頭が悪い?

短い知能線(ちのうせん)

標準的な知能線の起点 + 火星平原でとまる短い知能線

知能線は頭脳線とも呼ばれていますが、その人の考え方や頭脳の活発さを観る線。

生命線・感情線とならんで手相の主要3線の一つでもあり、どんな人の手にも出てくる線です。その知能線の長さの定義は図のように中指の真ん中辺りの位置までで終わると短い知能線と言えます。

知能線に関する都市伝説

手相について巷に広がる?誤解の一つが知能線に関するもの。それは、知能線が短い人は頭が悪い。逆に知能線が長い人は頭が良い。

というもの。私も、手相を勉強する前ならその説を信じていたことでしょうが・・・。それはただの都市伝説ですよ!

知能線が短い人とは?

知能線が短い人は、グズグズと悩まず、短時間で思考の決断ができる人。

ある意味直感力に優れている部分もありますが、考えこむよりまずは行動に移すタイプ。決して頭が悪いわけではありません。

たとえば医師など、頭脳を使うお仕事でも、とっさの判断が必要な場面には大いに役立ちます。救急医療や外科手術など一瞬にして的確な判断が求められる場合など、ですね。

その手のポジションの方の知能線は短くてもくっきり太くなっているはずですよ。

知能線が短いから頭が悪いのか?って悩んでいる人は安心して、ご自分の特性を活かした生き方を楽しまれてくださいね♪

♪お知らせ♪

◆メールでの手相カウンセリングは随時ご利用いただけます。
◆対面手相カウンセリングは毎週土曜日バンコクで毎週お一人限定。

詳細
メール鑑定お申込み
バンコク対面手相鑑定お申込み

スポンサーリンク

シェアする