人間関係を改善したい~ユダヤ人大富豪の教えⅢ-1

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

あなたは人間関係に悩んでいませんか?

今は落ち着いてますが私もその一人で、
どうしても人に対してネガティブ感情は出てくるし、
新しい環境、新しい状況が訪れるたびに、
人間関係で悩むこと、多々あります。

そんな私に響いた本をご紹介。

ユダヤ人大富豪の教えIII ~人間関係を築く8つのレッスン (だいわ文庫)

以前『ユダヤ人大富豪の教えⅡ』について書きましたが、

実は私、『ユダヤ人~』シリーズの中では
今回ご紹介するパートⅢが一番好き。

このシリーズ、
「大富豪」という言葉がつくため
お金儲けの本に思われがちだけど、

『幸せなお金持ちになる』ことが目的なので
よくある金儲け本とは一線を画しています。

その中でもパートⅢは、
人間関係にまつわる心理学や、
スピリチュアルな事象が語られていて、
手相カウンセリングの場にも生かされています。

(占い師やカウンセラーにはオススメの本です)

たとえば、

人との関わり方、感じ方が変われば、すべてが変わる。
これまでの家族との関係を癒やし、
世界のとらえ方を変えれば観念も変わっていく。
自分や世界に対する観念が変われば、
文字通り君の体験する世界も変わるものだよ。

幸せな人、不幸な人の一番の違いって、

モノの見方

このことは手相師をやっているうちに
実感として鮮明になりました。

私自身、被災経験を持ちますが、
最初、一瞬はツライ気持ちにもなりましたが、
良い部分、つまり

「家が駄目になっても命は助かったしラッキー!」

って考えるようにしたので
心まで折れることはありませんでしたが、

中には被害が小さかったのに、
マイナス面を大きく見積もり
自分は不幸だと嘆く人も周りにいました。

マイナス面ばかり見ていては
心が折れやすくなるし幸せになりにくく、
とても残念だな~、と。

しかし私自身、当時は、
マイナス思考の人との接し方を知らずにいたので、
できるだけ明るい話をして元気づけたりしたのだけれど、
あまり効果がなく。。。
本書を読んだ後、
どうすれば良かったか?やっと理解できました。

簡単にいえば、

人間関係はバランス。
私がポジティブを装うと、
相手はそれとは逆にネガティブに傾くため、

私がやるべきだったのは、
ポジティブ過ぎずネガティブ過ぎず、
その中間を足場にして、

ネガティブさんにもバランスが取れるよう
誘うことだったのですね。(詳しくは次の機会に)

あまりにもハイテンション過ぎる人を見ると、
こっちは気持ちが萎えてくるのと同じかな~。

もっと早くこの本に出会いたら
ネガティブさんとの関係も改善できたのかも。

毎度のことながら長くなるので
次回『人間関係における4つのポジション』
に続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする