◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

お金の『知性』と『感性』を身につける

幸せなお金持ちについて書かれた本『ユダヤ人大富豪の教えⅡ』から学んだこと。

第1回→幸せなお金持ちになりたい!
第2回→過去と向き合って”幸せな”お金持ちになる!
第3回→好きな仕事が幸せへの近道
と読み逃した方はご一読ください。

今回は、『お金の知性』と『お金の感性』についてです。

まずは

お金の知性(稼ぐ力)を高める

お金の知性を高めるには8つのことが必要だそうで、それぞれを見ていきましょう。

1 お金の特性を知る

その時代によってお金が流れる国、場所、会社がある。お金はお金が集まるところに集まる。

誰もいない砂漠のど真ん中で水着ショップを開いてもだれも買ってくれない、ですよね。

東京では100円の水を砂漠のど真ん中でなら1万円! って商売はアリかもしれませんが(^^;

ビジネスは適所で営むべきですよね。

2 お金の得方を知る

3 収入のチャンネルを増やす

お金を得る方法には
「相続」
「仕事で得る」
「ビジネスで得る」
「不動産収入」
「投資収入」

があり、自分に一番あった収入の得方を身につけましょう。

そしてできる限り、1つの収入に頼るのではなく収入源を複数に増やしましょう、ということですね。

単純に考えても複数の収入源があれば1つが機能しなくなっても
他からの収入を期待できますもんね。

夫婦が共働きで別のところから収入を得るのも収入チャンネルの増加です。

ちなみに、財を成した親やご先祖さまからの相続はけっして悪いことではありません。親は子のために頑張れたのですから。どうぞ相続は、喜んで受け取ってください。

4 収入を増やす

収入のチャンネルを増やしつつ、収入額も増やし収入アップ!

ただ、収入の増やし方は人それぞれで、自分の状況に合った増やし方をそれぞれ考えましょう!ってことだそうです。

増やし方が分かる人はお金持ちに、分からない人はそのまま……ってことですね。

私もまだまだ分かってないです(;^_^A アセアセ・・・

5 システムをつくる

富を築くにはシステムが必須。

Amazon創業者のジェフ・ベゾスも「富を生み出すのに必要なのはシステムだ」と言っています。

たしかに、Amazonのシステムは素晴らしいと思います。

でもゴメンナサイ。私にはどうしてもシステムをイメージできなかったです(^^;

個人資産277億ドルの投資家ジョージ・ソロスは、「富を生み出すのはシステムではない。あくまでも自分自身の感覚」と言っているそうで、

私はソロスに1票入れたい。

システムだけでなく、偉い人のハウツーを鵜呑みにするのではなく参考にしながら自分の頭で考えても良いのかな~って、成功者には程遠い私が言うのもなんですが。

6 人を豊かにする

素敵だなって思ったのがこれ。

長期的に幸せに成功するには、周りの人も豊かにすることが大切なんですって。素晴らしい価値観ですね。

ぜひ自分の人生に取り入れたい価値観です。

お金だけ追いかけると不幸になりそうだけど、まわりを豊かにするためのお金!って考えなら幸せがやってきそうですもの。

7 時代の流れを読む

長期的な成功を得るには『時代の流れを読む能力』は必須。

では、どうすれば良いのか?ってことは書かれてなかった(^^;

その必要性は痛感するし、ぜひ知りたいのですが。

こちらは読める人は読めるけど……って感じでしょうかね。でもある程度、大きな流れは分かる気がします。だから変わらなくちゃ、という気持ちになるのでしょう。

8 法律・税務に詳しくなる

現代社会を生き抜くには法律・税務の知識は必要不可欠。優秀な専門家とつきあい彼らの知識をフル活用すべし、とのことです。

ここをケチっては駄目、だそうですよ。

* * *

以上がお金の知性についてです。
デキそうな項目があれば取り入れてみてください。

続いて……、

お金の感性を高める

お金の感性も8つあります。

1 受け取ること

これ、簡単に見えて実はむずかしいですね。特に『武士は食わねど高楊枝』というマインドを持った日本人は苦手なのでは?

私自身ついつい「お金なんて結構です」なんて言ってしまう自分がいます。

心の奥では「欲しい!」って思っていてもです(^^;

でも、そこを認識して『受け取る』ことがお金の感性を高める第一歩なんでしょうね。

2 楽しむこと

お金に対して罪悪感を持ち楽しく使えない人ってけっこういますよね。

でも、お金を楽しめるようになると、よりお金が集まるようになるそうですよ。

楽しい人の周りに人が集まるように楽しくお金を扱う人のところにお金も集まるのでしょう。

3 感謝すること

お金に罪は全くありません。お金を醜くするのは使う人間が醜い使い方をするから。

お金を受け取るときも支払うときも感謝すること。そして、人生に対しても感謝すること。素敵な考え方ですよね。

5 流れに身を任せる

流れに身を任せるとチャンスにめぐり逢えるし、いまとは違うところに行ける。

ある程度は将来について考えてもその時の流れに身を任せる柔軟性も必要ってことですね。

私は年末に次年度の計画を立てますが、振り返ってみると、まったく予想してなかったことばかりやています。実はその、予想外の出来事が自分をワクワクさせてくれるんですが。

4 喜ばせること

6 信頼すること

7 分かち合うこと

8 癒やすこと

お金を自分や人のために使うことが豊かさへの道。

家族や友達のために自分の富を分かち合いって喜ばせ、信頼を深め合い、人を癒やす。

これらが上手く循環することでますます豊かさを手にするんだそうです。

たしかに、そうやって自分の富を使っていれば、その人を愛する人が集まってきて幸せなお金持ちになれそうですね。

ちなみに、「お金があったら寄付するけどいまはお金がないからできない」って考え方では豊かにはなれません。

収入が少ないときから少額でも人に差し出す気持ちが大切だそうですよ。

もちろん、ただ人にあげるのではなく、寄付先を入念に選びましょう。

今回のおすすめ本♪

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

スポンサーリンク



シェアする