個人事業主・フリーランスに必要なスキルとは?

前回は、
個人事業主・フリーランスになるための心構えとは?
というお話でしたが、今回はスキルについて。

* * *

フリーランスとして生きていくなら、
その仕事がプロフェッショナルなのは当然。

私の場合なら、
手相が観れて当然。

だからと言って、
100%完璧にできている自信があるか?
と聞かれても、Yesとは言えませんが、

手相のプロとして、
日々誠実に依頼主さまと向き合い、
手相の研究を続けることは必須だと考えています。

それは当たり前のこと。
特別なことではありません。

個人だろうが会社員だろうが公務員だろうが、
自分の仕事はプロとして向き合うべきです。

それを踏まえたうえで、
フリーランスとして必要なスキルは何か?
と聞かれたら、

1も2もなく
「いい仕事を呼びこむ能力」
です。

最近ではネット上で
仕事を依頼したい人と請け負う人とをつなげる
クラウドソーシングというサービスもあり、

個人でも仕事を手に入れやすい環境になり、
私もライティングの仕事などで利用しましたが

どうしても
安い金額で叩かれやすく、
安定した収入にはなりにくいのが実情です。

簡単に仕事が探せるということは、
競争相手も参入しやすくなり、
単価が下がってしまうのです。

何よりも、
クラウドソーシングでもらえる仕事は
下請け作業がほとんどですし……。

経営コンサルタントの一倉定さんの言葉

下請けの低収益から脱出したければ、
販売という『難行苦行』に耐えなければならない

この教えからも分かるとおり、
まともな収益を目指すなら、
ずっと請け負い仕事を続けるのではなく、

自分で自分の商品やサービスを売れるようになる必要があります。

分かりやすく占い師を例に挙げれば、
『占いの館』のようなところに所属して
元締めが集客したお客さんを占っている間は、
たとえ人気占い師であってっも
ある程度の収入にしか到達できません。

時間制で占う場合は、
収入を上げるため話を引っ張ったりなど
いろいろ大変なようです(汗)

占い能力に自信があるなら
独立したほうが良いと思うのです。

が、

自力で集客なんてできないよ~と、
フリーになるのをタメらう占い師も多いようですね。

でも、
下請け仕事を続けている限り
納得できる経済力は得られません。

これはどの分野でも同じです。

フリーランスを目指すなら、
いい仕事を呼びこむ能力、
営業&マーケティング力は大切です!

じゃあどうすれば良いのか?
ってことですが、

お勤め人からフリーランスを目指す人は
副業的にフリーランスを始めて
最低収入が手に入るようになったら独立。

営業&マーケティングは
やりながら覚えるのが一番です!

できれば独立前に
営業やマーケティングのノウハウ本でも
読んでいれば入りやすいかも。

でも、やりながら覚えるのが一番です。

何よりももったいないのは、
『すべて完璧にできるようになってから初める』
っていう考えですよ。

完璧にできる人なんていないのだから
時間を無駄にしちゃう&
いつの間にか諦めてしまう可能性大です。

♪お知らせ♪

◆メールでの手相カウンセリングは随時ご利用いただけます。
◆対面手相カウンセリングは毎週土曜日バンコクで毎週お一人限定。

詳細
メール鑑定お申込み
バンコク対面手相鑑定お申込み

スポンサーリンク

シェアする