『強運を呼びこむ51の法則』から学んだこと~その3

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

『強運を呼びこむ51の法則』から学んだこと~その2
からの続きです。

本田健さんの書籍
『強運を呼びこむ51の法則』から
学んだことをご紹介しています。

今回は5回シリーズの3回目で、
手相カウンセラーとして私が
どうしても乗り越えられない壁について
考えさせられる内容をお伝えします。

運命はいくらでも変えることが可能ですが、
宿命に制限を受けています。
普通にしていると、
なかなか人が変わるのは難しい。

なぜなら、人の考え方、感じ方、生き方は、
宿命だけではなく、
その人の育った環境に影響を受けるからです。

宿命の制限を突破して、
運を自在に操れるようになるかは、
人のために動ける人であるかどうかで決まってきます。

ちなみに、
宿命とは生まれ持ったもの。
親や兄弟などの家族、性別、生まれた国など、
変えることができないものです。

運命とは、人生の流れ。
ある程度は決まっていても、
自分次第で変えることができるものです。

手相カウンセラーをしていて、
いろいろな方からお悩みを伺うのですが、

「この部分を変えれば上手くいきますよ」
と変われる方法をお伝えしたとき、

「できない。それは無理」
という返答を頂くことも少なくないのです。

ほんのちょっと考え方を変えただけで、
これまで停滞していた事から抜け出せる。
それをご説明しても分かってもらえません。

もちろん、
私の答えが100%正解ではありません。
間違えることだってアリますもん。

それなので強制することはしませんが、
とても残念に思います。

ほんのあともう少し、
世の中を見る目を変えたなら
ご自身もいい方向に進めるのにね~って。

でも、そんなことを考えつつも、
自分自身を振り返ってみて、
人様からアドバイスを頂いたのに
一歩進めなかったことって少なくないのです。

自分が変われるチャンスを
自分の中の古い価値観にしばられ
みすみす逃してしまう。

私も同じようなことをやってきたわけです。

本田健さんが仰るような
人のために動ける人であるか
で、古い価値観から解き放たれるという点を、
私は十数年前に体験しました。

たしかに、自分のことだけ考えていたら
前には進めなかったはずです。

古い価値観に縛られていた私が変われたのは
子どもたちに幸せな人間に育って欲しい
そう強く望んだから。

子どもたちを幸せにするために私は、
メソメソばかりの弱いママを卒業して、
自力で生活できる強いお母さんを目指したのです。

そう、
10数年前の私と今の私とは、
考え方がまるっきり違っていて、
運もかなりよくなりました。

いいお話が舞い込んでくる機会も増えています。

まだまだ道半ばですが、
これからも人として成長して
子どもたちに誇れる母親になりたいです。
自分のためだけに動こうとすると
ついつい楽な道を選んでしまいがちですが、
大切な人の存在があると、
逃げずに立ち向かう勇気が湧いてくるものですね。

強運を呼び込む51の法則 (だいわ文庫)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする