『強運を呼びこむ51の法則』から学んだこと~その2

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

『強運を呼びこむ51の法則』から学んだこと~その1
からの続きです。

運について探求されている
本田健さんの書籍
『強運を呼びこむ51の法則』を読んで
感銘を受けた教えをピックアップしてます。

運のいい人の特徴として、
常に自分の未来は素晴らしいと感じている

この件に関しては、
多くの方が別の表現で同じことを言っています。

たとえば脳科学者の茂木健一郎さんは

根拠のない自信を抱け。
それを裏付ける努力をしろ。

日本人は謙虚な性格の人が多く、
そして、自分に自信が持てない人も多いですね。

謙虚さは美しい性質ではありますが、
自分の心の中だけでもいいので、
根拠のない自信を持って、
高い位置にある自画像に恥じぬよう
地道に努力を重ねるのも素敵ですよね。

また、
アメリカの作家であるエリカ・ジョングの言葉

才能は誰にでもある。
しかし未知数の才能をひたすら信じ、
どこまでも追求していく勇気を持ち合わせている人は
極めて稀である。

というように、
才能を開花させられる人は、
『自分はできる!』という
根拠のない自信を持っている人が多いですよね。

まだ結果が出ていない間は、
周りからは「お前には無理だよ」
なんて忠告を受けることが多いはずですが、
それでも自分を信じて突き進んでいくうちに、
夢に実力が追いついて、幸運の女神が微笑んでくれる

成功者と呼ばれる人たちの自伝を読むと
そんな図式が見えてきます。

後世に名を残すほどの有名人を目指さなくとも、
幸運を引き寄せたいと思うなら、

自分の将来を楽観的に描いてみるのが
一番の近道かも知れませんよ。

その時は、それに見合った努力とともに。

強運を呼び込む51の法則 (だいわ文庫)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする