◆メール手相鑑定は随時ご利用いただけます。

◆バンコク対面手相鑑定は要予約です。
バンコク対面手相鑑定

バランスのとれたラッキーM、M型の手相

ラッキーM(M型)の手相

M型の手相

『ミラクルM』とも呼ばれています。

産まれたばかりの赤ちゃんの手にもある生命線知能線感情線

これら手相の基本3線にプラスして、運命線から作られるのがM型。実は、わりと持っている人が多い手相なんですよ。

知能線と感情線間を走る運命線は、35歳から55歳頃という働き盛りを表しますが、その時期に目的を持って活動している人ならば出てきますよ。

「やりたいことが分からない!」って人も多い世の中で、何かしら目的があるのは、それだけで幸せなのかもしれませんね。

ラッキーMがない人の特徴

専業主婦

専業主婦の女性だと、35歳以降の位置に運命線がないことが多く、そのためラッキーMを持たない人が多いですね。ただ専業主婦でもご主人のお仕事のサポートや、地域活動、趣味などで主体的に活動していると出ていることもあります。

運命線がない人

また、働いていても運命線がない人もいます。何となく言われたことをやっているだけでは、運命線は出てきません。

ますかけ線と離れ型知能線

そして知能線と感情線が一本になったますかけ線や、生命線と知能線が離れている離れ型知能線では、どんなに主体的に活動してもM型になりません。

ますかけ線も離れ型知能線も、一般的な価値観から離れたタイプなので、いわゆる平凡の中の幸せとは良くも悪くも縁遠いのかもしれませんね。

M型手相の誤解

最後にもう一つ、M型手相についての誤解。

ミラクルとは、『奇跡』とか『神業』のこと。M型のことを『ミラクルM』と呼ぶ人もいるため、特別な幸運が手に入る手相のように勘違いされている方もいるのですが、

実は、 M型の手相は、何よりもバランスの良い手相。

必要な学業を得て、結婚して、仕事ができて、親しい人に囲まれて老後を迎える……って感じの、平凡な幸せを歩む暗示と言えます。

基本的に、波乱万丈な人生になりやすいますかけ線や、一般的な価値観に距離を置く離れ型知能線がM型になれないのはそのため。

また、起業家とか芸能人とかアーティストなど波瀾万丈な人生を歩む人が多いのでM型にはなりにくいです。

日常の平凡な幸せを手にする……これこそが実はミラクルなこと。

ミラクルMがあれば、人とは違った華々しい人生を手に入れる、という訳じゃないんですね~。

スポンサーリンク



シェアする