今上天皇の手相は神々しい

バンコク手相鑑定12月スケジュール

バンコク手相鑑の日程です。

・12月21日(木)17:00~20:00

* * * * * * * *

たとえ誰の手なのか?知らされなかったとしても、これは相当な大物の手相だ!と一瞬にして理解できる手相。

それが今上天皇の手相でした。

今上天皇(明仁陛下)の手相

平成天皇の手相

※図は左手で描きましたが、私が観させて頂いたのは右手です。

ともかく、肉付きの良い福々しい手の平をされています。

手の肉づきは生まれ持ったもの。そして、手相的には肉づきの良い手が吉となります。

痩せている人でもポチャポチャ手の人もいて、
手相線や手の色と違い、
ほぼ、変えることができません。

図の中の黄色の部分が山のようになっていて、名声・運命・富など総合的な幸福を手にする可能性のある三峰隆起紋でした。

また、やっぱり、と言いましょうか、あって当然、と言いましょうか、図の中の赤い3本線、
松下幸之助やホリエモンも持っていた三喜紋(覇王線)をお持ちでした。

◆強力な運命
◆数多の名声&幸福
◆大きな富
この3つ同時に手に入れる可能性を秘めた幸運の手相です。

感情線は木星丘へ向かい、程よい長さで、温かい心と客観性をバランス良く持たれた方。

最初は真っ直ぐ火星平原へ伸び、途中からガクンと月丘に向かう知能線
この形の知能線は、合理性と精神性とを兼ね揃えた知性を表します。
感情線と同じく、バランス感覚の良さが読み取れます。

今回の図には描いてませんが、健康運を観る生命線もしっかりとしてらっしゃるので、
(ご年齢なりのお悩みがあっても)お元気で長生きされそうですよ♪

手相師として、惚れ惚れするような手相をお持ちでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする