世の真理を悟った気づき線

気づき線
気づき線(きづきせん)

薬指と小指の間から斜めに伸びる太くやや短いハッキリとした直線です。薄いぼやっとした線はカウントしませんよ。

気づき線を持つ人は、ある種の悟りを拓いた人。

先天的に出るのではなく、この世で何かしらの体験を経て苦難や苦悩を乗り越えた後、真理に近づいた人の手に出るそうです。

普通、この位置に太く短くハッキリと直線が出ることはなかなかありません。また、どんなに長く生きても、世の真理に近づける方は少ないでしょうし、レア相と言えますね。

同じ場所に丸みを帯びて薄っすらと出ている線は金星帯の一部。
別物ですよ。

【気づき線の適職】

思想家・宗教家・作家・心理学者など。もちろん他の職業にも役立つ線です。

スポンサーリンク



シェアする