手相から何が分かるかな?小泉進次郎さんの基本3線を見てみた

政治家さんのことを検索していると
手の平が写る写真が頻繁に出てきます。

街頭演説などでは必ず
マイクを握りながら片手は聴衆に向けているから。

これは手相師には嬉しい資料となるのですが、
今回は、自民党の若手プリンスと言われる
小泉進次郎さんの手相の基本3線について。

* * *

小泉進次郎さんの手相

小泉進次郎さんの手相を見ると
一番目立つのが感情線。

『人にもモノにもあまり執着心がない』
ことが分かる感情線です。

自分が大好きで伸び伸びと生きていて
人生を楽しめるハッピーマインドの人。

お父さんの跡を継いだのも
仕方なく、ではなく、率先して
なのでしょうか。

そのためもあって
自分とは意見の違う人とも
こだわりなくおつき合いできる感情線です。

自己肯定感が強いため
異なる意見の相手の言葉に左右されることがない
のかもしれません。

僕も人生楽しむから、
みんなも好きに生きるといいよ!

みたいな感じで、
友だちになったら、つき合いやすいタイプと言えそうです。
(恋人・奥さんになったら大変そうですが・^^;)

次は知能線(頭脳線)。
図のとおり、かなり短め。

知能線が短い人は頭が悪い!
なんていうのは都市伝説ですよ~。

知能線が短い人は、
瞬発力のある知能を持つ人。
とっさの判断がお得意なので

何かアクシデントが起こっても
とっさに切り返しができる賢さを持ちます。

たとえば、
大地震とか原発事故とか、
予定外の緊急事態が起きても
さっと決断できる、危機管理に向いている知能線です。

この能力、
日本のトップに欲しい能力ですよね。

最後は生命線。
写真の映り具合によるのかも知れませんが、
平均的な生命線より、短め。

生命線の流さは、
「生まれ持った生命の流さ」
と私は見てますが、

生命線が短くても、
平均寿命よりも長く生きられる方も多いです。

この場合、
持って生まれた寿命は短くても
徳を積んだり、
周りからの支援を受けたり、
そういったプラス要素が重なって、
本来の寿命よりも長く生きることができた、
と私は読みます。

画像が小さかったため
小泉進次郎のほかの手相線は読み取れませんでしたが

なかなか良い手相をしているようです。

楽しく日本を引っ張ってもらえたら嬉しいですね♪

♪お知らせ♪

◆メールでの手相カウンセリングは随時ご利用いただけます。
◆対面手相カウンセリングは毎週土曜日バンコクで毎週お一人限定。

詳細
メール鑑定お申込み
バンコク対面手相鑑定お申込み

スポンサーリンク

シェアする