【海外事情】家庭教師は見た!繁栄する華人の価値観

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

【海外事情】家庭教師は見た!インド人の目線【海外事情】家庭教師は見た!インド人の目線という記事で、印僑(海外に住むインド人)
について書きましたが、

今回は華人。

* * *

まず先にお断りを。

華僑という言葉を調べると、
中国国籍を持つ中国国外在住者
(生活している国では外国人扱い)だそうです。

華僑の子孫で住んでいる国の国籍を持つ人は
華人と言うそうです。

私の日本語プライベートレッスンを受ける生徒に、
華人の女の子とがいます。

おじいちゃんの代に現地へ移住し、本人は3代目。

お父さんはおじいちゃんが作った
とある製造業の会社を継いでいます。

従業員約400人。
海外にも輸出していて、
土曜日も交代制で操業するほど繁盛しています。

その、大学生になる生徒さんは
学校へは運転手付きのベンツで通っていて、
(ご自宅のガレージにはベンツが4台あります・^^;)
それだけ聞くと『超お嬢さま』を想像しちゃいますが、

土曜日の午後、彼女の家に行くと、
本人はTシャツと短パン、もちろん?ノーメイクという、
かなりラフな格好です。

性格も温和で素直で謙遜。
「お嬢さま」からイメージされる
高飛車な態度は一切なく、とっても頑張り屋で、

ご両親の愛情をたっぷりと受けた良い子。という感じ。

そんな彼女に
家族についての作文を書いてもらったら、

お父さんとお母さんはお仕事が忙しく、
毎日朝早くから夜まで働いているから、

ご両親の唯一の休みである日曜日は、
(遊びたい盛の)大学生である彼女だけれど、
ゆっくり自宅で家族と過ごしている。

日曜日だけは
お料理上手なお母さんが手料理を作ってくれて、
それがとっても嬉しい。

お父さんは外国旅行が好きだから、
まとまった休暇の時期は、
家族で海外旅行に行く。

これまで3回日本へ行って、
日本の美しい風景が気に入った。
だから私は日本の大学院に留学をする。

とのこと。

ご両親は夫婦揃って忙しいけれど、
少ない空き時間は家族のための時間として、
愛情を注いでいるのが伝わってくる作文で、

家族愛にホロリと来ちゃいました。

こうやって、
親の背中を見て育つのって素敵だな~と。

とは言え、華人らしい発想だな、
と思ったのは、

お父さんの希望としては、
彼女が大学院を卒業した後も
そのまま日本に残って永住して欲しいのだとか。

最近の若い日本人は
海外志向の人が少ないとニュースで読みましたか、
それって本当でしょうか?
(私の住む国には若い日本人も多いけど)

もしもそれが本当なら、
かなりモッタイナイことだと思います。

外国暮らしはハードルが高い
と思っている日本の若者がいたら、

一度だけ、試しに住んでみたら?
って言ってあげたいな~。

さてさて、
世界に広がる華人ネットワークの一拠点として
将来、彼女は日本に残るのでしょうか。

それとも大好きなご両親の住むこの国に
戻ってくるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする