【海外事情】家庭教師は見た!インド人の目線

バンコク手相鑑定12月スケジュール

バンコク手相鑑の日程です。

・12月21日(木)17:00~20:00

* * * * * * * *

思うところがあって、
私はトリプルワーク、
3つの仕事をかけ持ちしていますが、

その一つ、
日本語家庭教師先で感じたこと。

生徒の一人に印僑、
つまり、外国に住むインド人の少年がいます。

英国式インターナショナルスクールに通っていて、
ヒンディー語と流暢な英語を話す15歳の少年。

学校では日本語を第2外国語に選択しており、
希望の大学に進学するため、
日本語も良い成績を取る必要があり、
それで家庭教師をつけています。

私は海外生活者ですが英語圏ではないので
英語力は弱い(;_;)

でも、どうにかこうにか手をつくし、
インド人少年とも、ご家族とも、
結構良い関係を築いてきました。

私もインド人家族も、
当地では外国人ということもあり、
気持ちが通じやすかったのでしょうか。

が、しかし。
これまでインター校の生徒を教えた経験がなかったので、
彼の態度に慣れるまでは、
いつもビックリさせられました。

まず、日本人や当地の生徒ならば
いちいち質問をしてこない細かいところを、
インド人生徒は質問してくる。

それは良いことですが、
私が慣れてないため内心
えっ?って思いました。最初は。

もう一つ、
彼の「超」ポジティブさにもビックリ。

もう2年も日本語を学んでいるはずなのに、
ぜんぜん上達しておらず、ひらがなでさえ怪しいのに、
自分はデキる!って思い込んでいて、

将来はMITかオックスフォードに留学する!

と、夢がデッカイ。

どうやらお父さまの教育方針が
「褒めて育てる」「自信ある人間にする」
ということのようで・・・。

まあ、
この自信が彼の持ち味なんだな~
と納得していたのですが、

「インドは○○な国です」
という文法を作ろうとしたとき、彼が

「Dirty(汚い)?」

と言ったのにはビックリ。
彼から自分にまつわるネガティブ発言が出たの
初めてだったので。

何と言いましょうか、
彼は本国でも高いカーストに生まれ
5歳までインドで暮らしていたのですが、
休暇には世界旅行ができる経済力を持っているため、

普段は自信たっぷりな態度でいるけれど、
自国と世界とを比べ、
コンプレックスを抱えているのかな?

と感じました。

少なくとも
高い教養と素晴らしい職業を持つ
インド人のご両親は

もっと上に行かなくちゃダメだ!という
上品にオブラートされたハングリー精神をお持ち。

とても向上心があるのです。

これじゃあ、日本は追いぬかれちゃうな~、
と思う今日このごろ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする