【7つの習慣】まずは自立することから

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

スティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣』。

翻訳本なのでちょっと読みにくいのですが
お手本にしたい良いことが書いてあります。

それなので翻訳本の文章そのままではなく
私の言葉にかえて説明しますね。

私が本書を良いな~って思うのは、
よくある表面的なハウツーものではなく、

根本的な問題解決に必要な生き方
人間の成長に必要なプロセスが書かれているところ。

成長段階を前半3つ、後半3つの6つ、
そして最後の7つの習慣をつかって完成された人格を目指します。

40代になってもまだまだ未熟な私。
もっと進歩したいな~なんて思っているので
本書から学べる部分を学んでいきたいと思います。

【前半:依存→自立】まずは自分

【第1の習慣】
自分で自分の人生に責任を持つ

世の中をどう見るかで人生が決まる。
どんに嫌な事柄が降りかかっても
どう対応するかは自分で決める。

つまり、自分が不運に見舞われたとき
他人や状況のせいにするのではなく、
その状況の中でどう反応するか?
自分で責任を持って選ぶということ。

自分で自分の人生に責任を持つということ。

いろんな人が同じことを言ってますよね。
他人や状況のせいにしているかぎり、
『絶対に』幸せにはなれません。

【第2の習慣】
将来の目的を持って日々を生きる

どんな人生を目指すのか?を
ハッキリと自覚し、
バランスの良い生活を目指す。

たとえば仕事だけでなく、
家族や友人、趣味や収入や活動などなど、
自分が大切にする事々をバランスよく
人生に取り入れるためにも、

どんな人生を生きたいか?
目的を決めましょう。

自己分析にちかいのですが、
「何ができるか?」ではなくて

「どんな人間になりたいか?」

を考えましょう!ということですね。
どんな人間になりたいかが決まれば
それに向かって進むのみ。

【第3の習慣】
なりたい自分になるためにやるべき事は後回しにしない

忙しさにかまけて家庭をかえりみず、
家庭崩壊させた人の話をよく耳にしますが、

どんな人間になりたいか?ハッキリ自覚し、
その目標に向かって

大切な事柄を優先しましょう!
必要な行動を後回しにしない!

ということですね。
なりたい自分になるためには
時間を有効に使わなくてはいけません。

理想的な人間になるためには
自分を成長させる勉強や
より良い人間関係、健康維持などに
時間を使いたいものですが、

そのためには
暇つぶしや意味ない時間を減らし、
プラス、
突然の来客や電話対応、無駄なつき合いなど、

上手に断る方法を学ぶ

むずかしい問題ではありますが、
等しく1日24時間しかない人生、
本気でなりたい自分になる気があるなら
取り組むしかありません。

また、
充実した時間を過ごすためには、
その日のスケジュールは毎朝確認し、
一日をスタートさせますが、

・スケジュールは週単位で決める

その時考えるのは、

・複数ある自分の役割
・それぞれの役割に必要な活動

そして、

・柔軟に変更できること
・バランスよく時間配分すること

これらがポイントです。

人格を磨いて有意義な人生を生きるためには
まずは上記3つの習慣を身につけ、
自立した人間になりましょう!
ということですね。

自分がしっかりしてなければ
次のステップである
人との上手な関わり方は上手くいきませんよ~
とも受け取れます。

長くなりましたが次回は、
人との関係についてです。お楽しみに♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする