造形線(ぞうけいせん)で、産みの苦しみから作品をつくる

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!


造形線(ぞうけいせん)

造形線

人差し指と中指の下のゾーンで、感情線から知能線に向けて斜めの支線が出ていれば、それは造形線と言います。

造形線は、モノや作品つくりの才能を示します。

具体的には、文学、絵画、映像、写真、書道、陶芸、被服制作、ダンス、生け花、モード系メイクアーティストなど芸術的なモノや作品をつくり出す才能です。(上記以外にも、創作活動全般で有効です)

産みの苦しみを味わってモノや作品を作り上げるといった環境に身を置いていると出てくるようです。

図のように、造形線が感情線の支線として知能線と結ばれると、変形ますかけ線にもなるので、「王者の相」と呼ばれるますかけ線的な気質や能力もマイルドながらも得られます。

ちなみに、ますかけ線の特徴としては、

◆自分の進むべき道を歩めば「成功者」
◆自分の能力とは違った道を歩むと「ただの人」
◆場合によっては「社会不適合者的なちょっと残念な人」

ますかけ線の場合「成功者」と「残念な人」の割合がほかの人たちよりも多いように感じます。(統計を取っている訳じゃないので感覚的になりますが・^^;)

ますかけ線の運命の別れ目は何か? と考えれば、自分らしく生きないと残念さん。わが道突き進んだ人は成功者さんなんじゃないかな~。

もしもあなたの手の平に造形線があって、今、何か創作活動をされているなら、たとえ現時点では結果が出ていなくても、最後まで諦めずに創作活動を続けましょう!

苦しみの先に、芸術的な明るい光が見えてくるかもしれませんよ! どうぞ誇りを持って創作に没頭してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする