将来を見越した働き方を選ぶために~ワーク・シフト1

バンコク手相鑑定12月スケジュール

バンコク手相鑑の日程です。

・12月21日(木)17:00~20:00

* * * * * * * *

リンダ・グラットンの『ワーク・シフト』

かなり私のツボにはまった内容で、
翻訳本なのに読みやすくグイグイ読み進めました。

将来の働き方&生き方を考える上のヒント満載

会社が社員の働き方を決めた
古き時代が終わり、

新たな営みが始まるであろう近未来(2025年)
私たちは、どのような生活を送っているのか?
という未来予想図が示されています。

2025年って、あと10年!
近い未来はあっという間にやって来る未来なのです。

しかも!指摘されている一部は、
すでに現実化しているので信ぴょう性は高いですね。

*

本書には、2025年の明るい予想と暗い予想。
両方が記されています。

簡単に言えば、暗い未来予想は……

都市化とグローバル社会とテクノロジーが進展し、
低賃金でも喜んで働く優秀な後進国の人たちや
高度に発達した機械との競争にさらされ、
先進国でも仕事がなくて困ってしまう貧困層が『かなり』出てくる。

年金制度は破綻して、
心の準備&貯金の準備&長期的なキャリアの準備が足りなかった
ベビーブーム世代の一部が貧困層に落ちる。

人間関係が希薄になり孤独を感じる人がますます増える。
時間に追われる生活となる。などなど

明るい未来予想は……

テクノロジーが発展しグローバル化したことで、
ネットを使ったコミュニケーションが活発化し、
自分1人では考えつかないようなイノベーションを
協力しながら考えだすようになる。

企業に勤めるのではなく、個人のプチ企業が増え、
お互いに協力し合いながら自分の能力を発揮していく。

親世代と同じ生き方はできない

親の背中を見て同じ道を進めばOK!
日本に生まれたから一生安泰!
という時代は終わり、

ハングリー精神旺盛な後進国の人たちと
競争して勝ち残った人か、

日々進化を続けるテクノロジーを
上手く利用できた人には、
明るい未来が待っているけれど、

波に乗れなかった人は
生きて行くのが大変な時代になる。

という、
もうすでに現実化しつつある内容が書かれています。

本書には、ではどうすれば良いのか?
というヒントも書かれているので次回に続けますね。


ワーク・シフト
― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

* * *

続きは
『将来を見越した働き方を選ぶためにやること~その2』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする