10年来温めていた夢を叶えたい【2/4】

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

10年来温めていた夢を叶えたい【1/4】
からの続きです。

手相・夢を叶えたい

【ミセスKからの回答】

Tさまには第2回目の無料手相診断に応募頂きました。

最初、夢を叶えたいという内容をお聞きして、
後で手相の画像を送って頂いたのですが、

ご依頼の内容と手相の画像が
一致しないというか、
かなり意外な手相画像でしたので、
突っ込んで質問させてもらいました。

実はTさんの左手の運命線が、
数年後に終わりそうな状況で
尻すぼみになっているんです。
(画像の赤い線です)

その後、
切り替わって出ている緑色の運命線、
これは若い時の運命に比べて弱々しい感じ。

しかも右手の運命線はかなり薄いです。
これらは女性には多いタイプの運命線なので、
(家庭に入られる運命線という意味です)
まったく悪くは無いんですが、

これから新しいことを始める人の運命線には見えない。

それが第一印象です。

知能線は左右枝分かれしていて、
複数の能力をお持ちのようで、
とても良い感じなのですが、

運命線・知能線の状況から、
能力はそれなりにあるけれど、
ご依頼文に書かれているほど夢に執着していない。
または、まだそれほど本気を出していない。

という印象を受けました。
いかがですか?
違っていたらゴメンナサイ。

この場合、手相的には、
趣味として夢にチャレンジしてみる
というのは有り得そうですが、
仕事として収入を得るほどではない、

という感じなんです。

そのため、ここからは個人的な意見ですが、
まだ小さいお子さんを預けてまで
和裁を習う必要があるのか?
という疑問が私の中にはあります。

お子さんが幼稚園に入園してから
習いに行くほうが良いのではないかと。

Tさんはご回答メールの中で

>私が出来ることって一体はなんだろうって

と書かれていましたが、
Tさんに”しか”出来ないことは、
Tさんのお子さんのお母さんであること。

これってスゴイ事だと思いませんか?

私も子どもが小さい時に、
睡眠時間減らして取り憑かれたように
小説書いていたので
「自分も何かやりたい!」という気持ち判りますが、

お子さんが小さいうちは
今の生活を続けるのがベターだと思いますよ。

あと、和裁を勉強する前に、
会ってみたい人に会ってお話を伺うのも
本当に自分が目指すべき道なのかどうか
判断がつきやすいと思います。

本当に自分がやりたい事は和裁なのか?
どれくらいの覚悟が必要なのか?

実は私、
友人知人に工芸関係の人が複数人います。
染織とか陶芸とかです。

人間国宝級になれば別でしょうが、
やはり、工芸だけで生活は難しく、
ご主人の収入だけで十分生活できる主婦の方だとか、
学校で先生をしながらとか、
有名な先生に弟子入りして給料をもらうとか、
工芸館で働きながら続けるといったパターンが多いようです。

お着物だと、また違った世界になるのかもしれませんが、
上記のように何らかの収入源がない人は
技術にプラス、マーケティング・セールス的なことが出来なければ
「仕事として」続けられない世界のようですね。

友人は29歳で工芸の世界に飛び込みましたが、
もっと若い頃からその世界に入って
技術とコネとを作り上げた人と比べ、
かなりハンディがあるようですよ。

その分、頑張らないと……です。

ちょっと厳しい内容となりましたが、
Tさんの夢はお仕事ではなく、
趣味として活動できるのでは?
という思いがあります。

どうでしょうか?

もしもお仕事にして、
それなりの収入を得たいと考えているのなら、
相当の覚悟が必要です。

美的センスだけではどうにもならない
かなりシビアな世界だと覚悟した方が良いです。

以上です。
ご質問やご感想があればどうぞ。

続きは→10年来温めていた夢を叶えたい【3/4】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする