専業主婦を続けるべきか?【2/3】

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

 専業主婦を続けるべきか?【1/3】からの続きです。

3
【手相診断の回答1】

りーさんの手相の画像を観せてもらって最初に感じたのは、

「これからの人の手相だな」ということです。

つまり大器晩成型。
 

あと、手の線がしっかりしていて力強く、旅行線が出ていたり、スタミナを表す金星丘が膨らんでいたり、専業主婦には向かないです。

 

そのため、りーさんのお悩みの答え、「仕事をした方がいいのか?」については、

迷わず「仕事をするべき」とお答え致します。(キッパリ!)

 この手相の人が自分の力を発揮せずにいると精神的にも運勢的にも悪くなるはずです。
ですから、りーさんが主婦業にプラス、社会活動を3つされていたのは当然といえば当然。それくらいやらないとパワーを発散できなかったのでは?

まず、りーさんがやるべきことは、
 

「他に何もいらないから子供を授かりたい」
と願って叶ったので、
子供も仕事も、というのは贅沢ではないか、
という思いがまだある

 
この考えを根本的に変えることです。

私事ですが、最初の妊娠が流産だったので、上の子の誕生の時には「絶対にこの子を守る」と誓いましたし、りーさんと似たようなことを考えた時期もありましたが、

子供の側にずっと居てお世話をする時期が過ぎても、子供から離れられない親になったら子供の成長に悪いでしょうし、親が「人生我慢」という風に生きていたら子供も鏡にするのかしら?そんなの可愛そうだわ!

この子は幸せになるために生まれてきたのに!

と思って

「どうすれば子供も夫も自分も幸せになれるか?」を考えるようになりました。

 りーさんもお子さんたちに幸せになって欲しいでしょうし、亡くなられたご両親の分まで沢山幸せになってほしいですよね。

男の子の場合は、思春期頃に母親からいったん離れていきますし、必要なときには側にいるけれど、普段は遠くから見守る方が良い気がしますし、暇を持て余し将来お嫁さんに口やかましくしたくない、

女の子の場合は、将来、子供ができたら何も出来ないと学ぶよりは、子育てを楽しんだ後も家庭と両立しながらもっと自分を活かせる楽しい世界が待っている!って考えられる女性に成長して欲しい。

そう思いませんか?

私たちの親の代は、まだ女性が社会進出できる土壌が未熟で、専業主婦しか選択できない人が多かったと思いますが、

今は望めば女性も働ける社会になりつつありますし(選択筋は少ないので、まだまだではありますが)

母親世代をお手本にしつつも、別の見方も取り入れたほうが良いと思います。

専業主婦が一番好き!っていうのなら構いませんが、本当は何かやりたいのにセーブしているのであれば、それは良い生き方とは言えません。

特にりーさんは生命エネルギーみたいなものが大きい人。ただ専業主婦だけでは持て余してしまうはずです。

りーさんは今、人生のやっと半分に来たところ。

残り半分の人生を有意義に過ごすためにも生涯現役で働けるよう、金銭的にも精神的にも肉体的にも、ご自分を鍛えるべきだと思います。

老後、お子さんに金銭的負担をかけないためにも、今から収入を得る道は必要じゃないでしょうか?

何はともあれお母さんが幸せに生きることが、子供たちの幸せに結びつくはずです。

 

もちろん、子供置いて毎日パチンコとか、子供&夫捨てて不倫とかはNGですよ。

基本は、

「私も夫も子供も幸せになれる方法を考える」ことが大切。

  
手相の件に戻します。観せて頂いた相は、仏眼になりそうな雰囲気ですね。手相師さんによって仏眼相にカウントするかどうか微妙な感じではありますが、私はプレ仏眼相だとカウントして良いと思います。
  

離れ型知能線も、しっかりと離れてますね(笑)人とは違った発想が出来る方だとお見受けしました。ちょうどいい離れ方で、他の人たちとも関わりつつ我が道行ける感じ。

 

仏眼相と離れ型知能線の人が仕事に悩む時は「自分の居るべき場所に居ない時」のみです。

 

自分向きの仕事に就いてなくても大方の人は「仕事だから仕方ない」と諦められるんですが、無意識に天の声を聞けちゃうような人は、「私はここに居るべきじゃないのかも」と思ってしまうのでしょうし、

離れ型知能線の人は適材適所にハマれば能力を発揮できるのに、マニュアル的なこととか、普通の人は出来るのに自分は窮屈って感じるようです。(このへんは『ますかけ線』も同じです)

 
 その他、一処にじっとできない旅行線があるので毎日ワクワク・ドキドキ自由に動き回りたい人、それとは逆の意味になりますが、右手に土星環があるので一人の時間も大切にしたい人だとお見受けしました。人嫌いと言う訳ではなく、人とも関わりながら、自分の時間も大切にしたいアーティストとか、自分の世界を大切にする人に多いです。

この線があるとWebデザイナーとか、編集業にも向いていますよね。

 
 

総合的に考えると、やはりお勤めは合わないと思います。自分の時間を調整しながら外に出たり内に篭ったり、両面を活かせる働き方。

りーさんは「葬儀の司会」にご興味が有るようですが、知能線など能力面を観せてもらったら問題なく可能だと思います。ただ、お葬式の場合、結婚式と違って予定を立てることができないので、スケジュール管理が難しくなります。 そのことをご主人やお子さんたちが納得できて、りーさんご本人もご納得なら良いと思います。
 

最初に大器晩成型だとお伝えしましたが、これまでの人生よりも、これからの人生のほうがりーさんの能力を発揮できる機会が増えるはずです。

 

お金儲け、というよりも、自分の心に栄養となるようなお仕事探しを目指されたほうが良いです。

 

そしてりーさんは「葬儀の司会」という感じのニッチな仕事が向いていると思います。

 

私の知らない職業はゴマンとあるので、私から「あなたの適職は●●です!」とは言えないのですが、

葬儀の司会以外に興味あるお仕事があればそれが適しているかどうか観ることは可能ですよ。

 

あと、葬儀の司会について働くとなると実際にどんな感じなのかリクルート活動されてみるのも良いかもしれません。

 

在宅で出来るお仕事ですが、私も幾つかチャレンジしてみて、私の場合はあまりお金になりませんでしたし、満足感を得られませんでした。

 

ネットで仕事を探すと安い誰でも出来る仕事ばかりで、在宅ワークにするにしても、ネット上で探すよりも実際に人と会って信頼関係を築いてから仕事をもらって自宅で作業するスタイルのほうが金銭的に高い額頂けますし、質の良い仕事を頂け、充実感も出てきますし、りーさんにも合っているはずです。

 
在宅ワークの件は、私の経験談で語らせていただきました(笑)
 
 *
 人生90年くらいと考えて、臨機応変にその時にご自分に合ったWORKを探す、そんな時代になってきたと思ってます。
 

一生1つの仕事で生きられる人もいるでしょうが、技術革新のスピードが早いので、
無くなる仕事もありますし、

挑戦→挫折→挑戦→挫折→挑戦→成功

それくらいでOKというくらいに前向きに考えるのも手だと思います。

何はともあれりーさんの場合は、やって楽しい仕事を時間をかけて探したほうが良いです。

もしもほかに興味がある、という職種があれば、適しているかどうか観てみますよ!いったん以上です。 

りーさんからのコメントや最終手相診断は
専業主婦を続けるべきか?【3/3】へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする