集団と距離を置き、自分の信念に基づいた行動を開始すべきか【2/3】

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

集団と距離を置き、自分の信念に基づいた行動を開始すべきかどうか【1/1】

からの続きです。

DSC_0068

【手相診断の結果】

ご自分の思想を広めるという大きな野望をお持ちなのですね。
しかし、政治家、政治活動家を目指されるというのであれば、
手相を観るかぎり、『今現時点』では難しいと思われます。

大木さんに今現在欠けている資質として、
コミュニケーション能力(人と関わっていく能力)
が挙げられます。

現在では、ブログやツイッター・Facebookを使って
自分の意見を表現する人が沢山いらっしゃいます。

その中には読者を多く集めている人も居れば、
ごく小数しか集められない人も居ます。

私が見るに、
大きな意味でのコミュニケーション能力の有無が左右しています。

コミュニケーション能力と言っても、
会話が上手くなくてはいけない
文章が上手くなくてはいけない
と言っているのではありません。

会話や文章が下手でも構わないのですが、
「人と関わりたい」という思いはMUSTで必要です。

集団と距離を置いた生活を模索されていながら、
自分の思想を広めたい、
というのは矛盾を感じませんか?

たとえ話ですが、
説教する親や教師。

言ってる内容はごもっともで、正しい話しであっても、
子どもや生徒の話には耳を傾けず、
自分の意見をぶつけてくるようでは、
誰も話を聞かなくなると思いませんか?

大木さんが、自分の思想を聞いて欲しいと思ったら、
まずは相手の考えに耳を傾ける、
というような態度が必要になります。

少なくとも、
人と関わりたいという気持ちは大切です。

大木さんには苦手分野かもしれません。

しかし、ここを強化せず、
自分の意見を伝えることは難しい
とお考えください。

あと、政治活動を行った場合、
反対意見を持つ方々から、
嫌味や嫌がらせ、妨害を受ける可能性は大です。

大木さんの手相には晩年に運命線が立ち上がってますが、
障害の起きる障害線も複数出ています。

どんな人の人生だって、順風満帆で進むことはなく、
何かしらの問題が起き、それを克服していく訳ですが、

政治活動となると、障害を受ける可能性は、
一般的な生活を送る人よりも、かなり多くなります。

それは当然の現象だ、想定内だと捉えられますか?

手相と文章を読ませて頂いたかぎり、
人間関係で起こる問題から逃げているようにお見受けしました。
それでは強い心を養うことは難しいのです。

まとめると、
大木さんが目標を達成するためには、

◆広義のコミュニケーション能力を磨く
◆打たれ強い心を磨く

この2つの努力が必要です。

2つの能力を磨くためには、
現実社会に出てもまれるのが一番手っ取り早いです。

たとえ現実社会では人との関係を遮断し、
ネット上で活躍するとしても、
もまれながら学ぶ姿勢は必須です。

殻に閉じこもるのは一番楽ですが、
それでは何の成長もありませんし、
心を強くすることはできません。

でも、政治的な思想を広めるためには、
打たれ強い心が必要・・・。

集団と距離を置く生活を模索するか、
自分の思想を広める活動をするか、

どちらかで、両立はないと思いますよ。

決めるのは大木さん。

大木さんにとっての幸せになる道を選んでくださいね。

以上です♪

【大木さまからのコメント1】

鑑定ありがとうございます。

手相でここまで分かるものなのですね、
敬服致しました。

今現在何かをしようにも
何に手を着けたものか皆目見当が付きません。

それについてのヒントか何か頂けないでしょうか。

【ミセスKからの質問】

上記のご相談ですが、
『人との関わりを遮断する』
という前提では正直、次の手は思いつきません。

私には思いつかないようなミラクルな一手が
あるのかもしれませんが、
人との関わりを持つことを目指さない限り、
次の手はないと思っています。

集団と距離を置く生活と、
自分の思想を広める活動は両立しませんし、

集団と距離を置く生活を変更しても良いと思われるのなら、
私もない知恵を絞って
大木さんがより良き未来に進むためのヒントを探してみます。

たぶん大木さんには耳が痛い話になるでしょうし、
身を切るような行動が必要になってくるでしょう。

それでも宜しかったら、お答えさせて頂きます。

【大木さまからの回答】

>それでも宜しかったら、お答えさせて頂きます。

どうか宜しくお願いします。

時間などは気になさらないで下さい、
むしろここまでして頂いてありがとうございます。

* * *

手相診断の結果に対する質問は、

集団と距離を置き、自分の信念に基づいた行動を開始すべきか【3/3】に続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする