手相の独学を始めた頃の話

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!

私が手相に興味を持ったのは、
性に合わない仕事に就いて本当にこれでいいのか?
悩んでいたときでした。

たまたま手のひらを眺めると、そこに赤く光った線があって何だろう?
と疑問に思ったのがきっかけです。

その後ネット上に出ている手相サイトをくまなく周り、
いろいろ調べてみたんですが、
流派によって言っていることが違う場合もありました。
もちろん大筋ではどの流派でも同じ見解ですが。

実際に複数の手相師さんにも観てもらいましたが、
当たっている人もいれば、それは違うんじゃないかな?
って思う手相師さんもいました。

でも大体同じことを言われることが多く、
過去のことや性格的なことは高確率で言い当ててもらいました。

そうこうしているうち手相にどっぷりとハマリ、
自分で手相を勉強したいと思ったのです。

手相は占い、というよりも統計学に近いと感じているので、
霊感がなくても勉強さえすれば『ある程度』は読めてくるのが嬉しいところ。
そして勉強すればするほど、楽しさも増してきました。

次ページ << 手相の見方を学ぶための本

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする