◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定やってます。⇒ミセスKの手相鑑定
◆趣味として始めた手相ブログ。プロ手相師としてスタートした際に読者の方にご協力頂き、手相鑑定を掲載いたしました。他にも手相線の解説などありますのでご覧ください。
※メール手相鑑定&バンコク対面手相鑑定受付中。
ミセスKの手相鑑定

人望とリーダシップ、管理職に向く人

管理職に必要な資質は、
人望とリーダーシップ、仕事ができること、ですよね。
それを念頭に管理職に欲しい手相を考えてみました。

マネジメント線

部下や後輩の能力を引き出し、
管理することが上手なタイプです。
面倒見も良い人なので周りから信頼されます。

 

月丘から昇る運命線

柔軟性・コミュニケーション能力があり
組織の中で能力を発揮できます。
人望があつく、周りの人から支援してもらえる人です。

 

生命線上から始まる長い知能線が 第二火星丘まで届く

バランス感覚が良くとても常識的で有能です。
知能線が長い分、論理的に物事を分析する力があります。
上司としても部下としても上手く立ち回れる賢い人です。

 

二重感情線の一線が知能線に接した 変形ますかけ

知能線と感情線がくっつくことで変形ますかけ線となります。

2つの感情を持つ情熱的な人です。

仕事人間である場合が多いのですが、
二重感情線のためバランス感覚があり
部下の気持ちも汲み取れます。

 

陰徳線

人望のある人にでる陰徳線の持ち主は、
部下であろうと上司であろうと、
下請け業者であろうと、
別け隔てなく大切に対応してくれるような人徳者。

そんな人の下でなら、
心よく働けそうですよね!

 

* * *

いかがでしたか。
世の中にはいろいろなタイプの管理職がいますので、
この手相の以外でも
組織でリーダシップを発揮されている方は沢山います。

とは言え、ご紹介した手相を持つのであれば、
大いに能力を発揮できるはずですよ!