組織に向かない手相とは?

バンコク手相鑑定12月スケジュール

バンコク手相鑑の日程です。

・12月21日(木)17:00~20:00

* * * * * * * *

組織に向かない手相

組織に向かない手相、と言うのがあります。

仕事ができない、といよりも、組織に属すると自分の能力を発揮できないのです。

組織の中で働くよりも、自由業などで自分を活かすほうが向いている人たち。そんなお勤めに不向きな手相を見てみましょう。


知能線が生命線と離れている

離れた起点の知能線

一般的な日本人とは違う発想を持つチャレンジャーな人。組織に属するより、個人業の方が向いています。

この傾向は知能線の出発点が生命線から離れれば離れるほど強くなります。

この知能線で一般的な会社にお勤めの人も少なからずいますが、組織に勤めるなら外資系や縛りの緩い企業や、自由な空気の企業が精神的に心地よいかもしれません。


旅行線

旅行線

好奇心旺盛なため、長く一所に収まるのは苦手。ずっと同じ職場の中で活動すると飽きが出てきそう。

配置転換が多いポジションや外を飛び回る営業職、記者、旅行業などなら組織でも飽きることなく続けられるでしょう。


ビアラシビア

自由にふわふわ飛んでいる雲を表すビア・ラシビア。自由を愛し、束縛を嫌う線のため、旅行線と同じく長く一所に収まるのは苦手。組織に属するのは不向きです。


土星環(どせいかん)

土星環

孤独を愛する人なので、チームになって協力しあう仕事は苦手です。一人で完結する仕事向き。

とはいえチームワーク系の仕事ではなく、一人で黙々と仕事ができる研究職に就ければ組織に属するのも可能でしょう。


ますかけ線

ますかけ線

感情線と知能線が一本になった天下取りの相。自分に合った職なら組織に属するのも上手くいきますが、そうでない場合、適合はむずかしいはず。

ただし、大企業のトップにマスカケ線の人も多く、エリートコースに乗って早くに責任のあるポジションに就けばサラリーマン生活も楽しめるでしょう。

最後に

手相は総合的に観るので1つの線ですべてが決まるわけではありません。組織に向かない手相の方でも、定年までお勤めされている方もいますよ。

でも若い人がこれから職業を考えるならフリーランスがオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする