知能線は適職探しに最重要!

8月26日(土)バンコク対面手相鑑定募集中です!


知能線(ちのうせん)

知能線の起点1

知能線は頭脳線(ずのうせん)とも呼ばれています。

その人の考え方や頭脳の活発さを観る線。考え方から性格や適性も読み取れます。

適職に就くことは、幸せな人生を歩むためにとても重要な要素ですよね。仕事が楽しいなら、日々のストレスもぐっと減るでしょう。

逆に、適性のない職に就いた場合は、仕事も上手くいかず、モチベーションも落ちてしまい、ストレスは溜まるいっぽうなはずです。

手相に出ている知能線から適職を探す

◆知能線は、どこから出ているか?
◆どこに向かって伸びるか?
◆長さはどれくらいか?
◆障害が出ていないか?など、

知能線をふくめた手相は、観るポイントが細かく、その組み合わせで意味合いが全然違ってきます。手相読みに慣れていない方でも大まかではあっても読めるように、図を見ながら知能線から見た適性をお伝えします。

ご自分の知能線と、次のページからの知能線のパターンを比べつつ、あなたの潜在的な能力を確認してみましょう。

 知能線が出る位置を読む

知能線はどこから出るか?どこに向かうか?などで意味合いが違ってきます。まず、知能線の出る位置については、生命線が基準です。

◆生命線の出発点近くから出る知能線は標準型。中庸な性格。
◆生命線から離れた位置で出発すると、大胆で積極的な性格。
◆生命線の途中から出発していると、とても慎重で控えめな性格。

知能線がどこに向かい伸びるか?

◆知能線は斜め右下に向かって延びるのが標準型で安定志向。
◆横にまっすぐ伸びる知能線は金銭感覚があり、ビジネスなど現実世界向き。時代を読む能力に長けた理系脳。
◆小指に向かい伸びる場合、お金儲けの才能、伝達能力が高くビジネス成功が多い。
◆手首側に向かって下がるほど精神的な傾向。文系脳で芸術方面が得意なロマンチックな脳。

長い知能線、短い知能線

たまに知能線が短いと頭が悪いなどと言う人がいるようですが、それは大きな間違いです!知能線の長短では頭の良し悪しは図れません。

また、何をもって頭が良いというのかも、場面場面で変わってきますので、一概に、この手相は頭が良い!と言い切ることはできません。
そこまで手相は簡単なものではないのです。

要は、自分の思考パターンを知り、それを上手に活かすことが大切ですよ♪

知能線の長短

◆知能線の標準的長さは薬指から小指の間。標準的長さだと中庸な性格。
◆短い知能線は直感で行動するタイプ。判断力・決断力・行動力がある分、深く考えるのが苦手。
◆長い知能線は、じっくり考えることが得意。ただし決断に時間がかかってしまい好機を逃すことも。

以上が大雑把な知能線の見方です。
知能線は能力を見るのに最適な線ですが、奥が深いので詳しくは追々書いていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mrsk-777.com

シェアする